奥州市 アシタノトビラ

とっても素敵なイベントをご紹介いただき、参加してきました。

会場となった、株式会社ナチュラルセンスの無添加住宅があたたかくお出迎え。

午前中は、仙台でシュタイナー保育を実践されているspaceship仙台ゆんた 虹のこども園 虹乃美稀子さんのご講演でした。


印象に残った話は、

乳幼児は「世界はすべて愛でできている」という感覚で生きている。

ということ。これは世界の先住民に共通したら考え方なんだそう。わたしもあなたも同じ。花も生き物も、自分との間に境目はない。
物事を良い悪いでは考えておらず、因果応報などという概念は存在しない。だから「それをやると痛いから、やめようね」というような理屈は通用せず「〜ちゃんが悲しんでるよ」という言い方の方がずっと効果がある。
そして自分を産んでくれた母親は、なかでも特別な存在。どんな母親だったとしても、子どもはお母さんが大好きで、お母さんを否定することは自分自身の存在を否定することになるから。

子育てに悩んでどうしたらいいかわからなくなったとき、

自分は聖人になったと思えばいい。マリア様やブッタなど。

良い悪いで、誰かを裁こうとはしないで、存在すべてを受け入れてみる。

他にも、大人の自己教育(=修行)のお話や、シュタイナーの先生は静かに背中で子どもたちの気配を感じ取っているということなどなど、大変興味深いお話ばかりでした。

気仙沼のお友達が紹介してくれた、トコトコカタツムリさんのごはんや雑貨は身体が喜ぶ!

久々に陽気なお天気で、子どもたちも心も身体も解放されていました。笑

出店・出演者さんも、参加者の方々も、とても素敵で、子連れでゆったりと心地の良い時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました!

主催は、6人の子育てをする千田優子さん。

穏やかな雰囲気と芯の強さを合わせ持ったかっこいいママさんです。

オープンハウス たね として、自宅を解放されています。

奥州市にもとても素敵な繋がりができた、嬉しい1日でした。

子育てネットワーク Kesennumama'S (ケセンヌママズ)

宮城県気仙沼市で活動する非営利団体です。ママたち自らが立ち上がって、楽しい子育てを実践していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000