8月29日 公園に関する意見書の提出

子育て中のママから、”自分たちが住む地区にできる公園についての説明会があり意見を求められたので、できればみんなから意見を集めて提出したい!!” という声が上がり、子育てネットワークKesennumama'S として話し合い報告書を提出させていただきました。

(気仙沼都市計画事業の魚町・南町地区被災市街地復興土地区画整理事業 担当者様、宮城県地方振興事務所 水産漁業部 担当者様 宛)

一部抜粋すると、

・各地にできる公園が、各々の機能を持ち、重複しないようにしていただきたい。

 (管轄が場所により市/県と違っているので、情報の共有をしあってほしい。)

・多機能トイレが必要。

・よくある滑り台やブランコ等の単体の遊具でなく、複合型遊具が望ましい。

・障がいを持った子どもでも遊べる遊具の設置を。

・子どもが登りたくなる横の欄干ではなく、縦の欄干を。

このように、子育て中のママの目線での意見を書かせていただきました。

復興に向けて新たなまちづくりが進んでいる気仙沼。

"子育て"という視点からの意見も取り入れてもらうべく、ママたちから上がった意見を提出させていただいております。


気仙沼市がより一層、子育てしやすい街となるよう、地道に働きかけていきます!


※昨年、鹿折まちづくり協議会より提出させていただいた、(仮称)鹿折認定こども園計画とその周辺状況に係る提言はこちら⬇︎

子育てネットワーク Kesennumama'S (ケセンヌママズ)

宮城県気仙沼市で活動する非営利団体です。ママたち自らが立ち上がって、楽しい子育てを実践していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000